自宅でできるAGA対策

クリニックに限らず、自宅でできるAGA対策方法をまとめています

プロペシアの入手ルート、どっちがいい?個人輸入と国内での処方比較

f:id:kodachan:20160412230309j:plain

病院で処方される「飲む育毛剤」とも呼ばれるプロペシアは、安価に手に入れたい方が多いのではないでしょうか?

そこで、プロペシアを激安で購入する方法を探しました。

個人輸入が最も安価に手に入るルート

病院で処方されたときの薬代は1か月分で7500円程度が相場です。
比較してみると最も安く手に入れる方法が個人輸入だと分かりました。
個人輸入だと最安値は5200円程度の値段なので、年間費用を比べると、処方薬が9万円なのに対して、個人輸入が62400円と27600円もの差が出ます。

個人輸入はトラブルが生じても相談できる相手がほとんどいない

メリットだらけ!と思う一方で心配事もあります。
国内の病院で処方されているのは、厚生労働省の認可を受けているので、日本人の体に合うかどうかの確認ができていると思って良いです。
しかも、問題が起これば医師に相談したり、処置を受けるのもスピーディです。

もし、海外のプロペシアを購入して、何か健康問題のようなものが起こったときは、相談する相手はほとんどいないと言われています。

ちなみに、問い合わせ先や問題が起こったときに保証をしてほしいと思ったら、海外の販売元と現地の法律に合わせ、現地の言葉で交渉するという大変な作業があるんですね。
しかも、その費用を考えると、比較して計算した27600円をはるかに超えることもわかりました。

現在のところ、国内ではプロペシアの影響によって、深刻な健康問題が起こったと言う報告はありません。
ただ、人によって体質が違うので、受ける影響もそれぞれだと言えます。

一見高くても、サポートのしっかりした国内での処方が良いかも

安心して育毛したいと思うなら、国内の病院で処方するプロペシアを飲んだ方が、結果的には安く済むと思った方が良いと言うことになります。
総合的な育毛をするには、AGA治療専門医のサポートを受けながら、国内で処方してもらったプロペシアを飲むのが良さそう、と言う結論になるでしょう。