自宅でできるAGA対策

クリニックに限らず、自宅でできるAGA対策方法をまとめています

自宅でできる医学的な薄毛治療薬プロペシア

プロペシアはミノキシジルとともに、AGAの治療薬として使われており、一般名ではフィナステリドと言われています。

そしてプロペシアは、育毛や抜け毛防止にはその効果を期待できますが、発毛に関しては作用がある訳ではないので、注意しなければなりません。

また、脱毛と言っても放射線治療やストレスによるものには効果がなく、AGAに対するものに大きな効果を期待できるということなので、こちらも注意が必要です。

そして、プロペシアを使用することで抜け毛の量を減少させたり髪自体にコシを出させたりすることができます。

しかし、プロペシアからの効果を得るためには使用し続けなければならないため、即効性がある訳ではないということも頭に入れておく必要があります。

f:id:kodachan:20160623135909j:plain

プロペシアはAGA専用の治療薬

プロペシアの主成分はフィナステリドであり、このフィナステリドにはAGAの原因とも言われているジヒドロテストステロンを抑える効果があるとされています。


そして、男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変える5-α還元酵素を阻む役割をしてくれるので、AGAに効果があるとされているのです。

また、これはAGAに対して効果を期待できるものであり、完全に禿げてしまってる人などがプロペシアを使用したとしても意味がありません。
そしてこのフィナステリドは、ノコギリヤシという植物からとれる天然成分のため、特に心配する必要はないと言えます。

副作用は少なめだが女性はNG

プロペシアはAGAに効果があると言われていますが、その反面で副作用もあるので注意しなければなりません。
その内容としては、男性機能の低下や胃の不快感、肝機能障害などが挙げられます。

しかし、プロペシアを使用したからといって必ずこのようなことが起きる訳ではありませんが、中には副作用としてあらわれる人もいるということで知識として頭に入れておくことは大切だと言えます。

また、プロペシアを使用する際は、未成年や女性には処方されないということや、特に妊婦さんについては胎児に影響を及ぼす可能性があるため、気をつけなければならないということを注意しておく必要があります。

ジェネリック品もあり

プロペシアジェネリックとは簡単に言えば、プロペシアの有効成分であるフィナステリドの特許期間が満了した後に製造販売を承認してもらって販売されている、フィナステリドを有効成分としたAGAの治療薬のことを言い、フィンペシアフィナバルドなどといったものがあります。

そしてこれらの特徴としては、プロペシアよりも安い値段で購入することができるという点になります。

また、病院に行かなくてもインターネットからまとめて購入することもできるので、これはプロペシアジェネリックのメリットと言えます。

しかし、プロペシアと有効成分が同じであったとしても、ジェネリックの場合は効果が出にくかったり、思いもしないような副作用が起きたりすることもあるので、安全性の面においてはデメリットも多いと言えます。

AGAにはプロペシア

AGA治療に使われるミノキシジルとプロペシアですが、ミノキシジルにおいては、日本国内では外用タイプのみ販売されており、ミノタブ等の内福については、個人輸入等での入手になります。

 

それに対して、プロペシアは、日本だけではなく世界の60カ国以上で認められている非常に信頼できる育毛薬です。

 

また、外用薬ではなく内服するタイプの薬のため、内側から育毛促進に働きかけることができるのです。

そして、育毛だけではなく薄毛の予防や抜け毛防止にもその効果を期待できるため、AGAに悩んでいるという人には非常におすすめだと言えます。

また、細くなってしまった髪を太くする効果や健康な髪に育てるという効果も期待でき、特に頭頂部の抜け毛の防止については高い評価があるとされているため、このような点もプロペシアを使用するおすすめのポイントだと言えます。